介護における記録などのシステムを導入する意義

超高齢化社会に突入した日本においては、今後も高齢者の介護問題は深刻な課題として、その対応策の検討と高齢者の日常生活を支援する業界のますますの発展と充実は強く求められています。

介護の仕事と聞いて想像する事は、食事や排泄、入浴や移動まで日常生活における様々な支援を行う仕事の為に、肉体的にも精神的にも大変な仕事であると認識されています。


現場のスタッフの仕事は日常生活の直接処遇だけではありません。
保険制度に基づいて提供されたサービスに対して支払われる報酬は公費で支払われている為に、提供されるサービスの質の向上はますます求められています。

また、法令に基づいて実施されるサービスに関しては、サービスの中身に関してももいろいろな取り決めがあり、その上でケアを行った内容は全て記録に残していく必要もあります。



現場のスタッフが残していくべき記録は多岐にわたります。

排泄や入浴状況、食事量やバイタル、睡眠状況をはじめとする基本情報から日常生活の様子や変わった様子や特変があった場合などは、その細かい状況まで記録に残していく必要もあります。高齢者の日常生活介護を行いながら、これらの記録を残していくことは現場の職員に少なからず負担があるのです。

これらの煩雑な記録などは、記録システムを導入する事で現場の職員の負担を減らすことが期待できます。

goo ニュースの優良サイトの情報を公開中です。

記録システムにはさまざまな種類や機能がありますが、システムを導入する事で、パソコンで簡単に効率よく入力が出来るようになります。



基本的なケアに関しては、バーコードリーダーなどを用いて更に効率よくまとめて情報を入力できるシステムもあり、多くの利用者を抱えている現場の職員の記録効率を上げるメリットがあります。また、システム化されたデータは条件抽出も簡単にできる為、緊急時の対応や健康管理、異常の早期発見などにも役に立ちます。